渋沢栄一翁 1万円に!

2019/4/9

今日は、唐突に、

紙幣のデザインが一新される。

というニュースが流れ、

驚きましたね。がく〜(落胆した顔)

しかも、1万円札には、

論語とそろばん、道徳経済合一説、

道徳と経済は紙の裏表の関係であると唱えられた

渋沢栄一翁!!

さらに、めちゃくちゃ驚きました。るんるん

私は、道徳経済合一説を初めて聞いたとき

道徳(世の中をより良くしようとする気持ち)と

経済(資本主義の世の中で、金銭的に裕福になろうとする気持ち)は

どちらか一方だけを標榜するのではなく、

どちらも同時に追求する。それがなくてはならないし

また可能である。という考え方に衝撃を受けました。

その後、事務所の新年のあいさつでも

スタッフに向けて話をしたり

自分の中でイメージした

「道徳経済一体の樹」を描いたりしました。ペン

IMG_2260.jpg

自分自身の事務所経営や関与する中小企業の経営者とも

この考え方を実践する。

そんな仕事を社労士としてやっていきたい!と

強く思いました。手(グー)

 

ただ、今回の紙幣のニュースを見て、

渋沢翁が、現代経済の象徴である紙幣になる。

1万円の一面になってしまうと、

反対側の道徳が見えなくなるのではないか??

それは、渋沢翁の本望ではないかもしれないなとも・・

道徳と経済は、メビウスの輪のように

ぐるぐると回り続け、

一体化するイメージで進みたい。

それと、キャッシュレス化が進んだときに、

最後の1万円札になる可能性もありますね。モバQ

5年後をめどに発行されるようですが

とても楽しみです。