TWI研修

2018/10/20

今日は、朝から名古屋での勉強会に参加。新幹線

全国から社労士が集まっています。

今日のテーマは「TWI研修」というものでした。

第2次世界大戦中、

アメリカで開発された訓練の方式で、

終戦後、日本の製造業界で広まり

現在も、その考え方や手法は

しっかりと根付いている。とのこと。

今日は、TWI監督者になるために

受講する講座(10時間コース)の一部を

実体験しました。

仕事上、他者に仕事を教える。とは

どういうものなのか。

実際にロールプレイングでやってみると

全然、上手く進まない。

「相手が覚えていないのは、

自分が教えなかったのだ」という

自戒を込めた言葉も紹介してもらい、

これまで、自分が

「教えてきた」つもり

「伝えてきた」つもりだったことに

大きな衝撃を受けました。

また、製造業だけにとどまらず、

サービス業にもこの手法は使えるはずです。

若年層を中心に、3年離職率が問題となり

長期のスパンで、じっくりと人材に

仕事を教えることが難しくなった昨今、

このような手法は、もっと有効活用したいと思いました。

年に一度の「名古屋場所」

企画運営のAさん、講師のGさん、

大変お世話になりました。

ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)