向上

2018/7/23

今日は、午後から、大阪でのセミナーに参加。

テーマは、「働き方改革関連法案」について

スタッフ3名と共に聴講しました。

終了後、私は、明石に移動。

いつも大変お世話になっている方と

ちょっと一杯。

刺身、野菜天ぷら、出し巻き、モツ串などを

日本酒コップ酒で。ダッシュ(走り出すさま)

近況のご報告などをしましたが、

働き方改革で言われるところの「生産性向上」の話題に。

・日本の労働時間の仕組みづくりは、

もういきつくところまで行っているのではないか。

→企業の「見えるところ」ので、対応には限界あり?

・失敗したときの言い訳を考え、自己防衛するような風土ではなく

社員一人一人の自己肯定感を、もっと認め、

仕事の進め方の中に、自然と発生する意見や考え方を

キャッチして、それを実践していく。

善なるエネルギーを発揮してもらう環境作り。

→社員のココロのパワーによる、向上は、もっと可能性を秘めている。

そんな話になりました。

生産性向上=労働時間の短縮とのイメージが強く

会議時間の短縮とか、作成資料の簡素化とか、ノー残業デーとか、

が対応策として列挙されがちですが、

ココロを解放したときに、生まれる発想で、

仕事そのものを、向上させる取組ができれば、

毎日の会社にいる時間が

楽しくなるんじゃないかな〜と

そんなことを連想させる、面白いひと時でした。わーい(嬉しい顔)