パネルディスカッションに登場

2018/7/5

今日は、大雨が降る中ですが、

夜から、顧問税理士先生が主催する納涼会にて、

「働き方改革」に関するパネルディスカッションの

パネリストを務めました。イベント

3名の社労士が、先日、法案が成立した

働き方改革関連法案を分担して解説し、

その後、「人事労務」をテーマに

パネルディスカッションへと進む

プログラムでした。

私は、冒頭に、

国の政策に、企業は振り回されている現状がある。

矛盾がある中で、経営者は混乱しているのではないか。

・労働人口減少と言いながら

 ⇔労働時間の制限

 ⇔年次有給休暇5日取得が法制化され、

・多様な働き方と言いながら

 ⇔同一労働同一賃金(有期労働者を一掃する・・)を求められ

・生産性向上と言いながら、

 ⇔厳格な解雇規制・労働時間に応じた給料の支払

(企業のホンネは、高度プロフェッショナルではなくて、

 生産性の低い社員に、労働時間数に連動しないルールを当てはめたい。

 でも、一人一人の社員は、頑張っているはず。

 その人の持てる能力は発揮しているのなら、それはできない。)

 を求められる。

そんな中で、法律が変更されるわけですが、

思考停止にならず、その企業ごとに、

できることは何か。を是非ご検討いただきたい。と

お話をしました。

それと、法律ばかりに気を取られて

企業の「風土」が、悪くなったり、枯れてしまっては

元も子もないので、そこにも力点を置いていただきたい。手(グー)

というようなことを、お伝えしたつもりです。

参加者100名あまりの2時間のイベントが無事に終了し、

その後、懇親会となりました。

緊張が解かれた中でのビールビール

美味かったです!

ただ、帰りは大雨の中でしたので、

無事に帰宅できるか心配でしたが

何とか家に到着しました。ダッシュ(走り出すさま)

パネリストという機会を与えていただき

感謝です。

お世話になりました。ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)