ニュージャパニーズ

2018/5/31

今日は、朝から大阪にて

弁護士先生のセミナーを受講。

「働き方改革関連法案」がテーマでした。

その前段で、現在の「若者」=ニュージャパニーズの

労働観についての指摘がありました。

・未来を信用していない。

・すぐに結果を求める

 (将来のために、今経験を積むこと、我慢することはしない。)

・権利の行使は、当然である

 (法律に定められているから、行使することは、正しいことと疑っていない。)

・「自分の時間」を大切にする。仕事で、「自分の時間」を邪魔されたくない。

などなどの指摘がありました。

「オールド」の私は、衝撃を受けましたが、がく〜(落胆した顔)

未来を創ってこなかった我々世代の責任であると思いますし、

(ただ、バブル崩壊、リーマンショックなど、

生き抜くに必死の時代でもあります。)

こちらの意識を、変えていかないといけないな〜と思いました。

また、求人募集に際には、

「有給休暇取得率**%」(取得率が高率の場合)を

掲示することで、応募者が増加した。という、

弁護士自身の事務所経営でのエピソードも

私個人的には、とても驚きました。

過去の常識にとらわれ過ぎず、経営する必要があるのだと思います。

ただ、「働くこと」は、無くならないので、

大切にする「自分の時間」のみに、「喜び」を求めるのではなく

「働くことの喜び」は必要ではないかと思います。

それを探しに行きたいと、常々思っています。わーい(嬉しい顔)