土地について

2018/5/23

今日は、兵庫県土地家屋調査士会様の

総会後の懇親会に、会長の代理として出席。レストラン

壇上でご挨拶をされる方々のお話を伺っていると

「日本には、所有者の不明な土地が、多くある。

今後、都市への集中がより進むと、過疎地域等での

登記(相続登記)がおろそかになるケースも想定される。

不明となる土地が、ますます増えていき、

北海道の面積と同じ程度になるおそれがある。」とのこと。

所有者の所在の把握が難しい土地への対応方策に関する検討(国土交通省HP)↓

http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/iten/seisakutokatsu_iten_tk_000002.html

我々社労士が、というか、私自身が、まったく知らない日本の問題を

土地家屋調査士会さんが、取り組んでおられることに

少なからず、驚きました。がく〜(落胆した顔)

日本政府としては、所有者不明の土地が増えると

税収に影響があるし、不明の土地は、それを活用しようとしても

登記問題をクリアできないから、そのまま放置される。

それは、経済活動にとっては、マイナスである。という

問題意識なんだろうと思います。

ただ、誤解をおそれず、述べますと

地球上の、日本の「土地」を、

可能な限り人間の所有物として登記すること。

って、地球の地面をお借りし、生存している

動物としての「ヒト」という観点から見ると、

なにか、土地=地面に対する捉え方が

違うような気もします。

皆さんは、いかがお考えでしょうか。