氷山理論

2010/6/5

先日、事務所を訪問してくれた

Fさんにお話しした

「氷山の一角理論」。

いざ、この日記で

私なりの考えを書こうと

ネットで調べると

「氷山の一角」という

表現は、悪いものの例えに使う

ことが一般的とのこと がく〜(落胆した顔)

えらいこっちゃ・・・

で、「氷山理論」に

変更いたします。 あせあせ(飛び散る汗)

 

前置きが長くなりましたが、

社労士(コンサルタント)というのは、

 

1.自分自身が「商品」そのもの

1.社労士は、自分を売りに行ってはならない。

   (プッシュ型ではなく、プル型の営業スタイルが必要です) 

という前提に立ち、

     ↓ 

いかに「商品」を買っていただくか

を考えた時、

自分自身を

より良い商品にするべく

磨いていくしか方法はない。

     ↓

改正が頻繁にありますが

最新の法律や概念を学びつつ

かつ、人間力を磨こうと

努める必要があると

思います。

    ↓

そこで、イメージするのが

「氷山」です。(お待たせしました) ダッシュ(走り出すさま)

 

氷山の海面上に見えているのは

全体の10%あまりとのこと。

ウィキペディアの解説はコチラ

 

殆どは、海面下に隠れています。

 

海面上に見える部分を

=世間様が見ている自分自身

とします(置き換えます)。

     ↓

例えば、努力を続けていても

思った成果が出ない時、

自分では「こんなに頑張っているのに」

ってクサル時があるかも知れません。

でも、世間様に見えているのは、

海面上に出ている

その努力の10分の1程度に

過ぎません。 目

 

逆に言うと

海面上の部分を

「1」大きくしようとするならば、

その10倍の努力を

もって初めて

10分の1だけが

やっと表に現れる。

 

ですから、成果を急ぐのではなく

海面下の隠れている

部分をいかに大きく

育てていくか グッド(上向き矢印)

そういう意識の転換が

大事なのではないか

と、そんなことをFさんに

お話したのでした。

長文になりました。 あせあせ(飛び散る汗)

お許しください。 わーい(嬉しい顔)